寝装 > 良い眠りのために、私たちにできること

良い眠りのために、私たちにできること

(寝装)


質の良い眠りとは

 

今日はよく眠れたとか、よく眠れなかったとか、その日の自分の眠りを口にする人が結構いますが、理想的な睡眠時間は何時間くらいなのでしょう?
1日に8時間を基準とする傾向がありますが、これはあくまでも目安です。よい眠りのためには短くても長くても、その質をよくすることが大切です。
さまざまな研究結果によれば、よく眠れたときというのは、1回目、2回目のノンレム睡眠時に深い眠り(3度・4度)まで到達し、最後はレム睡眠経て目覚めることができたときで、それがすなわち「質の良い眠り」なのだと考えられています。

 

質の良い眠りの条件1 《良い環境で》

 

 

ま わりがうるさかったり、眩しかったりするとなかなか寝付けませんね。これは音や光が脳を刺激するからです。質の良い眠りのためには、寝室の環境を整えてあ げることが大切です。広さ・温度や湿度・音(静けさ)・光(暗さ)・色彩・香り・不安を取り除く安心なシステムなどを考慮する必要があります。

寝 室の環境を考えるとき、イメージとして参考になるのが一流ホテルの部屋です。部屋全体を明るく照らすライトもなく、昼間でもほの暗い一流ホテルの部屋は生 活空間と比べると暗すぎる印象がありますが、眠る環境としては理想的な条件が整っており、休むには最適なスペースだからです。

 

質の良い眠りの条件2 《良い寝具で》

 

睡眠中のからだの生理的変化(寝返り・発汗・体温低下など)を妨げない寝具が良い寝具です。

掛ふとんには保温性・吸透湿性・放湿性・かさ高性・軽さ・フィット性が求められ、敷ふとんには保温性・吸透湿性・放湿性・快適支持性(硬さ)・クッション性が求められます。

また、寝具と体温によって生み出される寝床内気象も眠りを大きく左右します。

 

質の良い眠りの条件3 《健康なからだで》

 

 

睡眠はからだやこころの影響を受けやすいので、体の痛みや不安・ストレスなどを抱えたままではなかなか眠れません。

家ではゆっくりとくつろぎ、休日には軽く汗を流すなどしてストレス発散に努め、日頃から健康な状態を保つようにすることが、快眠の条件です。