寝装 > 理想の寝床内気象

理想の寝床内気象

(寝装)


布団の中の温度や湿度を「寝床内気象」といいます

夏は涼しく、冬はあたたかく眠るためには、

ふとんの中の気象も睡眠の快適さを決める大切な条件。

素肌にシャツを着ると、肌とシャツの間に空気ができますよね。それと同じように、からだと寝具のあいだには小さな空間が できます。この空間の温度や湿度を「寝床内気象」といいます。夏は涼しく、冬はあたたかく眠ることは睡眠の快適さを決める大切な条件のひとつですが、理想 的な寝床内気象条件は、温度が33±1℃、湿度が50±5%(RH)であることが日本睡眠科学研究所の実験結果でわかりました。

寝床内気象を33±1℃/湿度が50±5%に保つためには、季節や室温に応じて、ふとんの種類や素材の組み合わせを変えることが大切です。