寝装 > 眠りの知識 > 眠りの知識編 > 気持ちよく目覚めましょう

気持ちよく目覚めましょう

(眠りの知識編)


生活のリズムを整えましょう

人間の体内時計は、朝起きて、昼は活動し、夜は眠る(休む)といったリズムを持っています。体内時計と言うくらいなので、時計はできるだけ狂わせずに毎日同じリズムで動かさなければいけないもの。できるだけ毎日同じ時間に起きて、同じ時間に眠ることにより、体内時計が整い眠りにも良い影響をもたらします。
日々の起床や就寝時刻の差は2時間以内に抑えることが目安です。例えば、休日前の夜更かしや休日の寝だめは2時間以内におさえましょう。

 

朝日で眠気をリセット

朝日を浴びることで、スッキリと目覚めることができます。
地球の1日のリズムは約24時間の周期で周っているのに対し、人間の体内時計は実は約25時間で周っています。朝に私たちがぼーっとするのは、この時差が原因とも考えられています。朝日を浴びることにより、体と地球との時差をリセットしスッキリと1日をスタートすることができるのです。
朝目覚めたらまずは、カーテンを開けて朝日を浴びてみましょう!

 

すっきり目覚めるためのポイント

寝起きがよくないときは、起きてすぐコップ一杯の水を飲んだり、軽く伸びをしたりするなど、体を目覚めさせるように心がけましょう。朝に熱めのシャワーをさっと浴びると、交感神経が優位になるので、眠気が飛んでシャキッとします。

 

朝食をしっかり食べよう

 

朝食を取ることで脳は朝が来たことを認識し、頭と脳で使うエネルギーを補給し、朝の排便のリズム作りにも役立ちます。快調な1日のスタートのために、朝食は少量でも必ず取ること。また、朝食を取ったり取らなかったり不規則だと体内時計にも悪影響を及ぼすこともあります。起床後、30分~1時間以内にできるだけ朝食をとる習慣をつけましょう。