寝装 > 眠りの知識 > 眠りの悩み編 > 昼間に眠くなるのは…

昼間に眠くなるのは…

(眠りの悩み編)


いびきが原因?

いびきは睡眠中の脳への酸素不足を伴うこともあるので、睡眠の質を下げる原因とも考えられます。
いびきは、口の中の筋肉が緩み空気の出入りが悪くなって起こります。そのため、アルコールを飲んだあとや、年齢を重ねるといびきをかきやすくなってきます。また、高すぎるまくらや肥満なども原因のひとつです。

まくらが原因なら、仰向き寝・横向き寝、両方しやすいあなたにピッタリのまくらを見つけましょう。横向き寝は仰向き寝よりも口が開きにくいため、いびきの軽減のポイントです。

肥満が原因なら、ダイエットにチャレンジ。一時的ないびきならば心配はいりませんが、もしいびきが異常に大きくなったり呼吸が時々止まったりするようなら「睡眠時無呼吸症候群」の疑いがあります。そんな兆候を自覚したり、指摘されたら、専門医に相談することも検討してみましょう。

上手にストレスを解消

ストレスと睡眠は密接な関係にあります。
ストレスによって体内に増える乳酸は、眠りやリラックスを促すカルシウムの活動を阻むだけでなく、睡眠と関係の深いメラトニンなどのホルモンの分泌を乱します。それにより眠れないなどの睡眠のリズムを乱します。
ときにストレスは人を成長させたり人生のよい刺激になりますが、過度のストレスは睡眠を妨げる原因に。すぐに改善は難しいかもしれませんが、時には気分転換するなどしてストレス解消に努めましょう。