ピックアップ商品

森 康次 作 附下

森 康次

少しだけ自己紹介

昭和21年1月5日 京都市中央区に生まれる。

家業は「ぬい屋」として呼ばれる刺繍業。

白生地を持って町内を一回りすれば絞りの着物も友禅の着物も染め上がるという地域環境で育つ。

長男が家業を継ぐことが普通であった時代、昭和36年に家業に従事。

 

丹後の白生地生産量高が1972年の10分の1以下。構造的な着物離れ、和装関係業者の相次ぐ倒産、廃業。

このような業界で「日本刺繍業」の看板をださせているのは「奇跡?」と思ってる。

20歳の時、和裁デザイナー松尾馨氏に師事。

日展画家 桑野むつこ氏に師事し写生と水彩画を習ったのは26歳。

29歳のとき京都市伝統工芸技術コンクールの出品を皮切に

京都市展

京都府工美展

日本伝統工芸近畿展

日本伝統工芸染織展

日本伝統工芸展

横浜のシルク博物館の染織作品展

京都工芸ビエンナーレ

国際テキスタイルコンペテション

といくつかの公募展に出品し、末席を汚した。

そしていくつかの賞も頂いた。

「日本伝統工芸展」に募集、初入選したのが39歳のとき、そして日本工芸会正会員の認定を受けたのが平成元年。

「日本伝統工芸展と言う公募展」への出品には10数年応募していなかった。

ちょっと思うところもあって、「また応募している」。

1年に一回「出品のための大仕事」に一汗かいている。

60才を過ぎこの業界も「こんなものか」と半ば諦めていたが、身軽になれば道が開けた。

2009年から後継者となる内弟子と2人で仕事をしている。

殺風景な工房だったがお茶も出てくるようになり居心地がよい。

2007年に弟子入りしてアルバイトをしながら週3で通っていたが、今は常勤。

また2009年4月から奈良の大原和装専門学園で、「日本刺繍とキモノデザイン」の講義も始まり生活が一変した。

染帯

クリスマス柄の染帯が入りました。

サンタクロースがおたいこの所でせっせとプレゼントを運んでいる姿は、

これからの時期にピッタリの帯です。

 

北陸新幹線

 『当社オリジナル染帯』

世界に一本のみ貴重帯!

 

 

手がき京友禅

太鼓には、新幹線かがやき・

兼六園のことじ灯籠

胴には、金沢の代表作雪吊り

 

渡辺雪三郎(わたなべゆきさぶろう)

 

渡辺雪三郎(わたなべゆきさぶろう)

服飾デザイナー
1949年2月、東京・深川は老舗の鰻家「宮川」の主人・渡辺輝太郎の三男として生まれ、幼少より絵筆に親しむ。祖父は江戸文学の研究家として著名な宮川曼魚(本名・渡辺兼次郎)。また兄は神秘学者であるルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ。
1972年、23歳にして自身のオリジナル・プレタポルテの店「ミッチ」を東京・目白に開設。同時に婦人服プレタポルテ「ミッチ・渡辺雪三郎・ヌーヴェルクチュール」ブランドを設立。
若くしてデザイナーとしての才能を認められ多様な分野で作品制作を行い、以来、その固有なデザイン感覚と科学的理論に裏打ちされた独自の造型を確立し、厳選された素材、高度のカッティング、裁縫技術を駆使したコスチュームデザインを発表している。
その創作理念である「美は何にも侵されずただ無邪気に存在する」を基盤とした「ヌーヴェル・エレガンス」を提唱し、シーズン毎に発表する作品は上品で優雅なコスチュームを作るオートクチュリエとして高い支持を受けている。
また近年は、着物・靴・宝飾品・時計・自転車のデザインなど幅広い分野でのデザイン活動を行い、併せて秀でた文章感覚を活かした美に対する哲学論を新聞、雑誌、或いは著書のなかに著し、人間を取り巻くすべての環境をひとつのモードとしてとらえ、独自の美を社会に伝播している。