《5月 加賀友禅 ピックアップ商品》

 

鶴見 保次 作

「菊萩文」

 

江戸時代の小袖を現代の加賀友禅で蘇らせました。

着やすいように柄の量や彩色は少し変化させてありますが、

小袖の華やかさと独特の雰囲気で、一般の加賀友禅とは違ったおしゃれさがあります。

このような友禅はどの先生でも描けるわけではありません。

日本画でも才能を発揮されている鶴見先生だからこそ描ける加賀友禅といえるでしょう。

 

鶴見 保次

師匠名 村井 清朔

昭和14年  染物業 太郎屋家督(安政3年~大正14年)鶴見外吉郎の孫として出生

昭和30年  日本画画家 下村正一氏に師事

昭和32年  金沢美術工芸大学 特別日本画科専攻

昭和33年  東京染染色家 村井清朔氏に入門

昭和40年  村井清朔氏より独立

昭和48年  金沢に帰り加賀友禅染業を開業

昭和32~63年 現代美術展、市民工芸展などで入選、次賞、市長賞、会長賞、北国賞など多数受賞

平成元年   日展 通算6回入選

平成8年   社団法人第28回日展 特別賞

平成9年   県現代美術展 特別賞

平成10年  社団法人第30回日展 最高賞

平成11年  社団法人第31回日展 委囑出品

平成12年  社団法人第32回日展 審査委員出品

 

現在

社団法人日展会員

社団法人日本現代美術家協会 評議員

財団法人石川県美術文化協会審査評議員

金沢市工芸協会 参事

加賀友禅伝統工芸士

協同組合加賀染振興協会 理事

金沢学院大学 非常勤講師

石川県工業高校 非常勤講師

金沢大学 国際文化交流 非常勤講師

《4月 加賀友禅 ピックアップ商品》

 

柿本 市郎 作

「百万石能衣装」

 

四季の花を散りばめた訪問着です。

能衣装を意識して描かれており、高級感を醸し出しています。

地色を落ち着かせて、ぼかしをほどよく効かせてあるので、地味にも派手にもなりすぎず

どなたでも品良く着こなして頂ける一枚となっております。

 

柿本 市郎

師匠名 金丸 充夫

昭和39年  第10回加賀染競技会  小松市長賞

昭和43年  第6回加賀染新作奨励展  1席優秀賞

昭和44年  第7回加賀染新作奨励展  1席

昭和50年  第13回加賀染新作奨励展  2席

昭和50年  第2回加賀友禅いろどり会  北國新聞社社長賞

昭和51年  第14回加賀染新作奨励展  1席

昭和51年  第3回加賀友禅いろどり会  石川県知事賞

昭和54年  千代田きもの千裳苑  優秀賞

昭和54年  第1回伝統加賀友禅工芸展  銀賞

昭和54年  第6回加賀友禅いろどり会  北陸放送社長賞

昭和55年  千代田きもの千裳苑  最多賞

昭和55年  第18回加賀染新作奨励展  1席

昭和56年  千代田きもの千裳苑  最多賞

昭和56年  第19回加賀染新作奨励展  1席

昭和56年  第8回加賀友禅いろどり会  大和社長賞

昭和56年  第7回加賀友禅新作競技会  石川県知事賞

昭和57年  第4回伝統加賀友禅工芸展  銀賞

昭和58年  加賀友禅新作競技会  金沢商工会議所会頭賞

昭和61年  第8回伝統加賀友禅工芸展  金賞

昭和62年  第9回伝統加賀友禅工芸展  銅賞

平成3年   第13回伝統加賀友禅工芸展  銅賞

平成3年   第17回加賀友禅新作競技会  金沢市長賞

平成4年   第14回伝統加賀友禅工芸展  金賞

平成5年   第19回加賀友禅新作競技会  中部通商産業局長賞

平成6年   石川県指定無形文化財 加賀友禅技術保存会会員に認定

《3月 加賀友禅 ピックアップ商品》

二代 由水 十久 作

「ひとり遊び」

 

由水先生が奈良を訪れた際に印象的だった萩の花を題材に、

けんぱで遊ぶ女の子を描いた訪問着です。

無造作に脱がれた草履が子供らしく、思わず微笑んでしまうような光景です。

昔よく遊んだ方なら目にしたことがある「けんぱの図」は、あえて八掛に描いてあり、先生の遊び心が詰まった一枚に仕上がっています。

萩の花は先生の技法では珍しい匹田を用いて柄に変化をつけ、お洒落感と楽しさを演出してあります。

 

 

二代 由水十久

師匠名 初代 由水十久

 

昭和52年  現代美術展 入選(日本画)

昭和55年  東京銀座にて個展開催

平成元年  第15回加賀友禅新作競技会

中部通商産業局長賞

平成3年  第13回伝統加賀友禅工芸展 銀賞

平成5年  第15回伝統加賀友禅工芸展 銅賞

平成6年  第20回加賀友禅新作競技会

金沢商工会議所 会頭賞

平成7年  第17回伝統加賀友禅工芸展 銅賞

平成8年  第18回伝統加賀友禅工芸展 金賞

平成9年  通商産業大臣認定 伝統工芸士となる

平成9年  第19回伝統加賀友禅工芸展 銅賞

平成10年 第25回加賀友禅いろどり会

北國新聞社 社長賞

平成11年 第21回伝統加賀友禅工芸展 金賞

平成12年 第22回伝統加賀友禅工芸展 銅賞

平成13年 第23回伝統加賀友禅工芸展 金賞

平成13年 石川県指定無形文化財

加賀友禅技術保存会 会員となる  

 

《2月 加賀友禅 ピックアップ商品》

 

矢花 博呂美 作

「紫式部に菊」

 

先日京都、金沢で開催しました第10回 匠・双美会の双美賞作です。

菊と紫式部が流れるように描かれています。

白い菊がメインですが、上品さを残しながらも、さみしくならないように紫式部がバランスよく描かれ、葉やメシベは

色を微妙に変えて配色してあります。

先生に制作意図をお聞きしたところ、とにかく着姿の綺麗さを考えて制作したとおっしゃっていました。

そんな女流作家ならではの細かい気配りがされている訪問着です。

 

矢花 博呂美

師匠名 初代 由水 十久

昭和58年  第8回新人染色展覧会 入選

昭和62年  第13回加賀友禅新作競技会 伝統工芸品産業振興協会奨励賞

昭和63年  第1回きものデザイングランプリ 入選

平成元年  第2階きものデザイングランプリ 入選

平成元年  第13回苑あしび展  優秀賞

平成7年  第19回苑あしび展  優秀賞

平成8年  第14回加賀友禅選抜女流作家新作競技会   優秀賞

平成10年 第24回加賀友禅新作競技会   中部通産産業局長賞

平成12年 第26回加賀友禅新作競技会   優秀賞

平成15年 第21回加賀友禅選抜女流作家新作競技会  最優秀賞

平成16年 第22回加賀友禅選抜女流作家新作競技会  特別賞 

《1月 加賀友禅 ピックアップ商品》

高田 克也 作

「百花繚乱」

 

上前には牡丹、肩から背中にかけては孔雀が大迫力の振袖です。

ここ数年、黒地の振袖が大変人気でお客様からの御注文も多く頂いております。

黒地は柄が引き立ち高級感と気品があります。

特に加賀友禅は手描きなので、柄が浮き出るような立体感があり写真写りも美しいです。

赤やピンクの可愛さとは一味違った、気品溢れる振袖に仕上がりました。

 

高田 克也

師匠名 鶴見 保次

 

平成17年   第27回伝統加賀友禅工芸展 新人賞

平成19年   石川県伝統産業技能 奨励賞

平成19年   第33回加賀友禅新作競技会 登賞

平成20年   第34回加賀友禅新作競技会 伝統工芸品産業振興協会会長賞